フォーオナー 上達の道②

強くなるため、勝てるようになるためのポイント等を記載していきます。本日は有利と不利な状況についてです。

選択肢は大別すると、A攻撃、B崩し、C回避の3択です。ちょうどジャンケンのような感じですので、読み合いがポイントになります。もちろん相手の癖なども考慮します。Aの攻撃はBの崩しに勝利、Bの崩しはCの回避に勝利、Cの回避はAの攻撃に勝利といった感じです。いかにジャンケンに勝ち続けるかというのも重要になりますが、運任せではなく敵の種類や癖で何が来やすいか?何が入りやすいか?を意識しましょう。

■A攻撃について
A攻撃については言わずもがな弱、強、ガード不可攻撃といった感じで繰り出されます。ガード、回避、パリー等で上手くさばく必要があります。パリーは色々な意味で一気に有利になれるので超重要ですが、かなり難しいので最初は無理に狙わずガードや回避に専念しましょう。慣れてきたら練習もかねてバンバン狙いましょう。ガー不は回避かパリーですが、比較的タイミングがつかみやすい技が多いので、BOT戦などから積極的に狙っていきましょう。

特にアサシンは回避右攻撃につなげることができますので、攻撃をバンバン出すのはリスクが高いです。攻撃を回避し攻撃につなげればほぼほぼ決まりますので、きっちりダメを与えられるよう回避後は攻撃できるように意識しましょう。ただ回避攻撃はパリーが狙いやすいので、初手から打ち込んでいくのは避けましょう。

■B崩しについて
特に初心者はこれが対処できないケースが多いです。私もかなり苦労しました。回避方法は崩しを返すか同タイミングで弱を入れることです。弱は狙って出すのは難しいのですが、崩しばかりしてくる相手には有効です。そこからチェーンにつなげたり崩したりしましょう。崩しの返しタイミングはかなりシビアです。秒数的には0.5秒くらいしかないと思います。崩しとほぼ同時くらいに入力が必要ですがこれができないと何度もやってきますので頑張って覚えましょう。逆に返しができない相手には返されるまでバンバン使ってOKかと思います。

崩しは見てから反応するのは難しすぎますので、ある程度くるタイミングの予測が必要です。忍びを除いて超近距離でしか使えないので、最初は崩せる距離までいったらこちらから仕掛けるくらいでいいと思います。よく来るパターンとしては、
①弱弱でせめて弱のチェーンが切れたタイミングでスッと近づき崩し
②①プラス今日フェイントの崩し
③様々な方向にガードしつつ攻撃せずそのまま崩し
といった感じかと思います。あとパリー後はほぼほぼ崩しが決まりますが返せない確定攻撃ですのでパリーされないことが重要です。

■C回避について
特にアサシンは下手にガードするよりこちらが有効な場合が多いです。回避速度や回避距離も大きい上そのまま攻撃につながります。ただ、反撃ゲージを貯めることができないので、ガードもキッチリできるようにしましょう。基本はガード、ここぞって時に回避⇒攻撃って感じでしょうか。

また、ウォーデンやコンカラーのハメ攻撃(厳密にはハメではない)を受けた際には、ロックオンを外して後ろ回避連打で仕切りなおすことができます。横回避でカウンターを狙えればベストですが、それでは抜けられないケースも多くあります。ハメられ続けて対処できないならこちらで仕切りなおしましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450689531

この記事へのトラックバック

ゲームプレイ日記ランキング